小田原 車でお迎え( ロータリー、車寄せ 他 )!

小田原駅 車でお迎え

小田原駅周辺の、車でお迎えスポットを紹介しています。

お迎えスポットをスライドして拡大したり、Google ストリートビューで確認することもできます。

小田原駅 (西口)ロータリー
小田原駅 (東口)身障者乗降場
トザンイーストショッピングモール前
幹線市道中央通り
幸田口通り

小田原駅(西口) 車でお迎え


小田原駅(西口) 駅前ロータリー

小田原駅(西口:新幹線側)駅前ロータリーは、タクシー・バスのほか、一般車も利用することができます。

神奈川県道73号小田原停車場線から駅前ロータリーに入り、「北条早雲公像」を廻り込む様に「一般車乗降場」で停車することができます。

一般車で10台以上、車でお迎えすることができます。

桜の時期などのTOPシーズンはわかりませんが、通常は東口と比べて交通量が少ないため、安心してゆったりお迎えすることができます。

北条早雲公

一般車は右

小田原駅西口一般車乗降場

小田原駅(東口) 車でお迎え

②③
小田原駅 (東口)身障者乗降場
トザンイーストショッピングモール前

小田原駅(東口)には、タクシー・バス専用ロータリーのほか、身障者乗降場はありますが、西口の様に一般車専用の乗降場はありません( 一般車の進入は可 )。

このため、駅前ロータリーには入れるものの、「身障者乗降場付近に1台」「タリーズコーヒー付近に2~3台」ほどのスペースしかありませんから、ゆったりしてお迎えとはいきません!

東口駅前のロータリーが混雑すると、ドライバーが座っていても継続駐車できる状態にはなりません(クラクションを鳴らされてしまうかも)。
・・
混雑していなければ、お迎えできないこともありませんが、どちらかと言いますと駅までお送りする場合に利用できるスポットです。



身障者乗降場



小田原駅東口 身障者乗降場の周辺

トザンイーストショッピング
タリーズコーヒー(1F)



小田原駅東口 ロータリー

 


小田原東口駅前通り

混雑時に東口駅前ロータリーでお迎えすることは難しいでが、「幹線市道中央通り」(東口正面の大通リ)
「小田原駅東口交差点」~
「栄町一丁目交差点」
までは路肩が広いため、車でお迎えすることができます。


「御幸の浜方面」「小田原駅東口方面」の両サイドでお迎えすることができます。

小田原駅東口交差点~
栄町一丁目交差点方面の風景


小田原駅東口 幹線市道中央通り

栄町一丁目交差点~
小田原駅東口方面の風景



幸田口通り

「小田原駅東口駐車場」手前の幸田口通りは、路肩に余裕がありますので、車でお迎えすることができます。



「お城通り交差点:東口駐車場前」~
「栄町交差点」方面の風景(ミスドが目印)


「栄町交差点」~
「小田原駅東口駐車場」方面の風景


小田原 車でお迎え( ロータリー、車寄せ 他 )のまとめ

小田原駅、小田原城の周辺の通路は歴史がありますから、なかなか通りを拡幅することができない様です。

西口には一般車も利用できる乗降場がありますが、東口には一般車の乗降場はありません。

加えて、小田原城方面に向かう「お城通り」「お堀通り」についても道幅が広くないため、小田原駅(東口)周辺において、車でお迎えができるスポットは限定されてしまいます。

東口でのお勧めは、2⑤で紹介しました「幸田口通り」「お城通り交差点:小田原駅東口駐車場」~「栄町交差点」(ミスタードーナッツ)の付近となります。

雨の日や大きなスーツケースをお持ちでしたら、小田原駅(西口)の駅前ロータリーでお迎えするのがベストですね!

記載情報が変更されている場合もございます。
御利用の際は、現地情報を御確認願います。
作成:2020年11月

関連記事



自動車保険の一括見積もりbang!

 

ガソリン代・駐車場代・自動車保険料・車検代・メンテナンス費・自動車税等々、車の維持費は馬鹿になりませんね!

どちらも節約するのが難しい必要経費となりますが、加入されている「自動車保険」を見直すとことで、保険料が思われている以上にお安くなる可能性があります。

自動車保険会社は2種類のタイプに分かれています。
・店舗を有する「代理店型」
・店舗を有しない「ダイレクト型(通販型)」

「代理店型」は、店舗賃料・店舗人件費・販売経費などの経費を保険料に上乗せするため、同一の保険内容であれば「代理店型」は「ダイレクト型(通販型)」よりも保険料が高く設定されます。

加入されている保険会社が「代理店型」の場合、「ダイレクト型(通販型)」に変更されると、年間保険料が20,000円以上お安くなる可能性があります。

また、「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険に加入されていたとしても、年齢・性別・家族構成・等級・免許証の色・用途・年間走行距離などの加入条件によって、各保険会社が「事故リスク基準」を設けて設定する保険料率が異なるため、年間保険料に差が生じます。

例えば、

  • ソニー損保の自動車保険の保険料は「走った分だけ」
    年間走行距離の短いドライバーの事故リスク < 長距離走行ドライバーと設定して、短距離ドライバーの保険料率を安く設定しています
  • 大人の保険(セゾン自動車保険)は、事故率が低い40・50代の保険料を割安に!
    事故を起こしにくい40~50代の保険料を安く設定しています


保険料を算定するための「項目」は多数ありますから、各「通販型自動車保険会社」でも、補償内容が同一であったとしても各社の年間保険料には差異が生じます。

保険料や補償内容等を見直す場合、「自動車保険の一括見積もりサイト」を御利用されて、現在加入されている自動車保険の保険料を他社と比較しながら絞り込むことが一般的な方法です。

でも、どちらの「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用するのが一番良いかわかりませんよね!

 

について御案内していますので、興味がある方はチェックして下さいね!

 

以 上
小田原 車でお迎えでした。

コメントを残す

CAPTCHA