品川駅(高輪口)周辺 車でお迎え!

品川駅高輪口周辺 車でお迎え

品川駅(高輪口)周辺で、車でお迎えできるスポットを紹介しています。

お迎えスポットをスライドして拡大したり、Google ストリートビューで確認することもできます。

ハザードを点灯して運転席でお迎えしましょう!

 

以下も参考にしてくださいね!


右上の□をクリックしますと拡大します。

品川駅(高崎口)ロータリー
第一京浜(国道15号)路肩
….(タマホーム本社ビル向)

柘榴坂(ざくろざか)

品川駅(高崎口)ロータリー

品川駅(高崎口)ロータリー内に2台ほどのお迎えスペースがありますが、入れたらラッキーです

駅舎に沿ってタクシーが待機していますので、2台ある一般車乗降場以外で悠長にお迎えするのは難しい状況ですね!

このため「 第一京浜国道 」品川駅~高輪ゲートウエイ駅までの第一京浜(国道15号)路肩に停車し、連絡を受けてから品川駅(高崎口)ロータリーに向かう方法が無難です



 

駅舎に沿ってタクシーが待機していますので、2台ある一般車乗降場以外で悠長にお迎えするのは難しいです
左側:白い軽自動車が停車している場所が一般車乗降場です


第一京浜(国道15号)路肩
(タマホーム本社ビル向)

タマホーム本社近くの「歩道橋」から「高輪ゲートウェイ駅」方面の路肩でお迎えします

「自転車専用通行帯」上に停車することになりますが、自転車専用通行帯が設置されている道路は、基本的に「駐車禁止」となりますが、駐停車禁止の区間でなければ、停車することは可能です

自転車専用通行帯とは?『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
高輪口から「歩道橋」まで、徒歩5~6分ほど。



第一京浜「高輪警察署 品川駅高輪口交番」から「高輪ゲートウェイ駅」方面に向けて待機タクシーが停車しています



「タマホーム本社」近くの歩道橋近くまで、タクシーが待機しています


歩道橋から「高輪ゲートウェイ駅」方面の様子
歩道橋先の路肩に数台停車しているのが分かりますね!

柘榴坂(ざくろざか)

「ウイング高輪」(横)「柘榴坂」の「自転車専用通行帯」上でお迎えします

坂上から坂下まで400m以上ありますから停車できないことはありませんね!

坂の途中でお迎えしますので、キャリーバック等をお持ちの方は、「高輪ゲートウェイ駅」または「港南口」に廻られた方が良いですね


「ウイング高輪」から「柘榴坂」上の様子

 

「柘榴坂」上から高輪口の様子

高輪ゲートウエイ駅 車寄せ

「高輪ゲートウエイ駅」前の車寄せにてお迎えします

2020年3月に開設された駅で、駅周辺は開発中なので利用される方が少ないのかもしれません

車寄せは全部で20台超のスペースがあると思われますが、利用されている車は数台のみです


安心してお迎えできますが、夜は少し寂しいかもしれませんね!

「田町駅」方向から見た「高輪ゲートウエイ駅」前の様子


品川駅「高輪口」から「港南口」までの走行(車)ルート

以下ルートにて9分ほどになります

  • 品川駅「高輪口」スタート
  • 第一京浜「八ツ山橋」交差点通過
  • 第一京浜「新八ツ山橋」交差点通過
  • 第一京浜「新八ツ山橋東詰」(左折)
  • 八ツ山アンダーパス通過
  • 八ツ山歩道橋(左折)
  • 品川駅自由通路下通過
  • 品川シーズンテラス前(右折)
  • ソニーグループ本社前通過
  • コクヨ東京品川オフィス門(右折)


 

品川駅(高輪口)周辺
車でお迎えのまとめ

品川駅(高輪口)は第一京浜に隣接しており駅ロータリーのスペースも狭いことから、ロータリー内にある一般車乗降場でお迎えできたらラッキーです。

第一京浜の路肩でお迎えするにしても交通量が多いので慣れていないと不安ですね!

このため、品川駅(高輪口)周辺で、安心してお迎えできるスポットは「柘榴坂(ざくろざか)」or「高輪ゲートウエイ駅」前にてのお迎えが最適です。


新幹線を利用され荷物の多い方は、港南口でのお迎いが最適ですね!

御自身のシチュエーションに合わせて利用してくださいね!

関連記事

 
皆様のシーンに合わせて御利用下さいね!

自動車保険 一括見積もり「保険スクエアbang」を勧める6つの理由


自動車保険の一括見積もりbang!

 

ガソリン代・駐車場代・自動車保険料・車検代・メンテナンス費・自動車税等々、車の維持費は馬鹿になりませんね!

どちらも節約するのが難しい必要経費となりますが、加入されている「自動車保険」を見直すとことで、保険料が思われている以上にお安くなる可能性があります。

自動車保険会社は2種類のタイプに分かれています。
・店舗を有する「代理店型」
・店舗を有しない「ダイレクト型(通販型)」

「代理店型」は、店舗賃料・店舗人件費・販売経費などの経費を保険料に上乗せするため、同一の保険内容であれば「代理店型」は「ダイレクト型(通販型)」よりも保険料が高く設定されます。

加入されている保険会社が「代理店型」の場合、「ダイレクト型(通販型)」に変更されると、年間保険料が20,000円以上お安くなる可能性があります。

また、「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険に加入されていたとしても、年齢・性別・家族構成・等級・免許証の色・用途・年間走行距離などの加入条件によって、各保険会社が「事故リスク基準」を設けて設定する保険料率が異なるため、年間保険料に差が生じます。

例えば、

  • ソニー損保の自動車保険の保険料は「走った分だけ」
    年間走行距離の短いドライバーの事故リスク < 長距離走行ドライバーと設定して、短距離ドライバーの保険料率を安く設定しています
  • 大人の保険(セゾン自動車保険)は、事故率が低い40・50代の保険料を割安に!
    事故を起こしにくい40~50代の保険料を安く設定しています


保険料を算定するための「項目」は多数ありますから、各「通販型自動車保険会社」でも、補償内容が同一であったとしても各社の年間保険料には差異が生じます。

保険料や補償内容等を見直す場合、「自動車保険の一括見積もりサイト」を御利用されて、現在加入されている自動車保険の保険料を他社と比較しながら絞り込むことが一般的な方法です。

でも、どちらの「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用するのが一番良いかわかりませんよね!

 

について御案内していますので、興味がある方はチェックして下さいね!

以 上
品川駅(高輪口) 車でお迎え!でした。

コメントを残す

CAPTCHA