品川駅(港南口) 車でお迎え!

品川駅港南口 車でお迎え

品川駅(港南口)周辺で、車でお迎えできるスポットを紹介しています。

お迎えスポットをスライドして拡大したり、Google ストリートビューで確認することもできます。

ハザードを点灯して運転席でお迎えしましょう!

 

以下も参考にしてくださいね!


右上の□をクリックしますと拡大します。

 

港南ふれあい広場(前)
こうなん星の公園沿い
ソニーグループ本社前

ソニーグループ本社(横)
東京都中央卸売市場食肉市場(前)
品川インターシティ(裏)

港南ふれあい広場(前)

港南ふれあい広場地下にある「港区立品川駅港南口自転車等駐輪場」入口前にてお迎えします。

品川駅港南口から最も近いお迎えスポットになるため、大きなお荷物をお持ちの方に最適です。

一方通行のため「高輪警察署 品川駅港南口交番」側より進入します




「高輪警察署 品川駅港南口交番」側、3~4台ほど停車できますね!


「品川駅港南口公共駐車場」側、3~4台ほど停車できますね!

 

 

品川駅港南口に向かって一方通行となります。
幅員は広くはありませんが、交通量もさほど多くはありませんので、重宝しますね。



6~7台ほど停車できますね!


こうなん星の公園沿い

「ファミリーマート 品川駅港南口店」から「港南二丁目交差点」にかけてお迎えします!

「自転車専用通行帯」上に停車することになりますが、自転車専用通行帯が設置されている道路は、基本的に「駐車禁止」となりますが、駐停車禁止の区間でなければ、停車することは可能です。

自転車専用通行帯とは?『ウィキペディア(Wikipedia)』




「品川駅港南口」方向の様子


「こうなん星の公園自転車駐車場」前
「港南二丁目」交差点方面の様子
下記画面の左側ブルーの矢印が「自転車専用通行帯」となります


ソニーグループ本社前

「こうなん星の公園自転車駐車場」から「ソニーグループ本社」までの間でお迎えします。

交通量が少ないですから楽々ですね!



「自転車専用通行帯」が設定されています

ソニーグループ本社(横)

「品川シーズンテラス」から「ソニーグループ本社」ビルに沿ってお迎えします!


「品川シーズンテラス」からお台場方面の様子

東京都中央卸売市場食肉市場(前)

「品川インターシティー(横)」から「東京都中央卸売市場食肉市場」にかけてお迎えします!

「自転車専用通行帯」が設定されています



品川駅港南口から「東京都中央卸売市場食肉市場」方面の様子

お台場方面は、交通量も多くはないです


 

「品川インターシティー(横)」から品川駅港南口の様子

 

「品川インターシティー(横)」には、タクシーが待機している様ですね!

 品川インターシティ(裏)

「品川インターシティ」と「東京都中央卸売市場食肉市場」の間にてお迎えします。

「食肉市場西門」「品川インターシティパーキング」入口周辺は、車の出入りがありますので注意して下さいね!


 

品川駅港南口方面から「品川インターシティ(裏)」の様子


 ・

品川駅(港南口)
車でお迎えのまとめ

品川駅港南口に一番近いお迎えスポットは、①港南ふれあい広場前となります。

このため、①港南ふれあい広場前でお迎えできない場合

②こうなん星の公園沿い
⑤ 東京都中央卸売市場食肉市場(前)

品川駅港南口に近い場所でお迎えするのが様ですね。

また、 ソニーグループ本社前は、①②⑤のスポットにて停められない時、複数台の車と待ち合わせする時は交通量が少ないですから最適です。

最後に、「自転車専用通行帯」を走行しますと、例外規定を除いて通行帯違反となり交通反則切符が切られるので注意して下いね!

皆様のシーンに合わせて御利用下さいね!

 

関連記事



自動車保険の一括見積もりbang!

 

ガソリン代・駐車場代・自動車保険料・車検代・メンテナンス費・自動車税等々、車の維持費は馬鹿になりませんね!

どちらも節約するのが難しい必要経費となりますが、加入されている「自動車保険」を見直すとことで、保険料が思われている以上にお安くなる可能性があります。

自動車保険会社は2種類のタイプに分かれています。
・店舗を有する「代理店型」
・店舗を有しない「ダイレクト型(通販型)」

「代理店型」は、店舗賃料・店舗人件費・販売経費などの経費を保険料に上乗せするため、同一の保険内容であれば「代理店型」は「ダイレクト型(通販型)」よりも保険料が高く設定されます。

加入されている保険会社が「代理店型」の場合、「ダイレクト型(通販型)」に変更されると、年間保険料が20,000円以上お安くなる可能性があります。

また、「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険に加入されていたとしても、年齢・性別・家族構成・等級・免許証の色・用途・年間走行距離などの加入条件によって、各保険会社が「事故リスク基準」を設けて設定する保険料率が異なるため、年間保険料に差が生じます。

例えば、

  • ソニー損保の自動車保険の保険料は「走った分だけ」
    年間走行距離の短いドライバーの事故リスク < 長距離走行ドライバーと設定して、短距離ドライバーの保険料率を安く設定しています
  • 大人の保険(セゾン自動車保険)は、事故率が低い40・50代の保険料を割安に!
    事故を起こしにくい40~50代の保険料を安く設定しています


保険料を算定するための「項目」は多数ありますから、各「通販型自動車保険会社」でも、補償内容が同一であったとしても各社の年間保険料には差異が生じます。

保険料や補償内容等を見直す場合、「自動車保険の一括見積もりサイト」を御利用されて、現在加入されている自動車保険の保険料を他社と比較しながら絞り込むことが一般的な方法です。

でも、どちらの「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用するのが一番良いかわかりませんよね!

 

について御案内していますので、興味がある方はチェックして下さいね!

 

以 上
品川駅(港南口) 車でお迎え!でした。

コメントを残す

CAPTCHA