六本木 車でお迎え( ロータリー、車寄せ 他 )!

六本木車でお迎え!

六本木周辺で、車でお迎えできるスポットを紹介しています。

お迎えスポットをスライドして拡大したり、Google ストリートビューで確認することもできます。

緑のおじさんが来ますから、ハザードを点灯して運転席でお迎えしましょう。


環状3号線 麻布十番駅周辺
けやき坂
麻布十番商店街
環状3号線乃木坂方面
EX六本木ビル前
六本木トンネル内

六本木 車でお迎え!


環状3号線 麻布十番駅周辺
のパーキングメータ

パーキング・メーターは、道路交通法の「時間制限駐車区間」と呼ばれる交通規制に基づいて設置されています。

パーキング・メーターが設置されている時間制限駐車区間では、道路標識や案内板などに表示している時間帯に限り、60分以内の駐車が可能です。

共用時間:1月1日~1月3日を除く
共用時間:8:00~22:00
駐車時間:60分
料  金:300円


環状3号線 麻布十番駅周辺の両車線にパーキング・メーターが設置されています

麻布十番地区パーキングメーター


六本木けやき坂通り

テレビ朝日けやき坂スタジオ周辺
坂道ですが、路肩が広いため安心してお迎えすることができます。



麻布十番商店街

「南北線麻布十番駅」から「リンコス六本木ヒルズ店」までの間は一方通行となっており、路肩でお迎えすることができます。



南北線麻布十番駅周辺

豆源本店周辺



リンコス六本木ヒルズ店周辺



環状3号線乃木坂方面

六本木通りから環状3号線に入る側道です

路肩が広いので安心してお迎えすることができます


環状3号線六本木ヒルズ方面

環状3号線から六本木通りに入る側道です




六本木トンネル内

環状3号線から星条旗通りに入る側道です
国立新美術館から下記の地図では、政策研究大学院大学前の通リに向かいます


国立新美術館~六本木ヒルズ方面の様子


六本木トンネル内


トンネル内ですから雨の日も安心です
タクシーも休憩(お昼寝)しています


六本木 車でお迎え
( ロータリー、車寄せ 他 )のまとめ!

 

「六本木けやき坂通り」であれば、交通量もあまり多くはありませんし、路肩にも余裕がありますから、安心してお迎えすることができます。

日比谷線の六本木駅からも歩いて5~6分ほどでお迎えすることができますし「六本木通り」「環状3号線」方面にも容易に向かうことができますから利便性も高いですし、六本木ヒルズからレジデンスに向かう跨道橋の下で待ち合わせすれば、日比谷線の六本木駅から雨に濡れることもありませんからおすすめですね!

記載情報が変更されている場合もございます。
御利用の際は、現地情報を御確認願います。
作成:2020年8月
・・

関連記事



自動車保険の一括見積もりbang!

 

ガソリン代・駐車場代・自動車保険料・車検代・メンテナンス費・自動車税等々、車の維持費は馬鹿になりませんね!

どちらも節約するのが難しい必要経費となりますが、加入されている「自動車保険」を見直すとことで、保険料が思われている以上にお安くなる可能性があります。

自動車保険会社は2種類のタイプに分かれています。
・店舗を有する「代理店型」
・店舗を有しない「ダイレクト型(通販型)」

「代理店型」は、店舗賃料・店舗人件費・販売経費などの経費を保険料に上乗せするため、同一の保険内容であれば「代理店型」は「ダイレクト型(通販型)」よりも保険料が高く設定されます。

加入されている保険会社が「代理店型」の場合、「ダイレクト型(通販型)」に変更されると、年間保険料が20,000円以上お安くなる可能性があります。

また、「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険に加入されていたとしても、年齢・性別・家族構成・等級・免許証の色・用途・年間走行距離などの加入条件によって、各保険会社が「事故リスク基準」を設けて設定する保険料率が異なるため、年間保険料に差が生じます。

例えば、

  • ソニー損保の自動車保険の保険料は「走った分だけ」
    年間走行距離の短いドライバーの事故リスク < 長距離走行ドライバーと設定して、短距離ドライバーの保険料率を安く設定しています
  • 大人の保険(セゾン自動車保険)は、事故率が低い40・50代の保険料を割安に!
    事故を起こしにくい40~50代の保険料を安く設定しています


保険料を算定するための「項目」は多数ありますから、各「通販型自動車保険会社」でも、補償内容が同一であったとしても各社の年間保険料には差異が生じます。

保険料や補償内容等を見直す場合、「自動車保険の一括見積もりサイト」を御利用されて、現在加入されている自動車保険の保険料を他社と比較しながら絞り込むことが一般的な方法です。

でも、どちらの「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用するのが一番良いかわかりませんよね!

 

について御案内していますので、興味がある方はチェックして下さいね!

 

以 上
六本木 車でお迎え!でした。

 

コメントを残す

CAPTCHA