自動車保険 一括見積もりサイトの選び方!

自動車保険一括サイトの選び方!

自動車保険の新規加入や更新時には、保険料が安くて御自身に合った「補償」「特約」等を持ち合わせた保険に加入したいですよね!

その様な人におすすめするのが「自動車保険の一括見積もり」です。

最初に「自動車保険の一括見積もり」サイトで複数の保険会社から提示される見積もりを比較し、興味を持った保険会社に「個別見積もり」を依頼する方法が御自身のニーズに合った自動車保険に加入する一番良い方法です。

ただ、初めて「自動車保険の一括見積もり」を利用しようと思われても多数のサイトがありますから、どのサイトにて一括見積もりを取るか困ってしまいますよね!

「自動車保険 一括見積もり」サイトの選び方!について解説します。

自動車保険一括見積もり
サイトの選び方

ネットを検索しますと多数の自動車保険一括見積サイトが出てきます。

初め利用される方はどの様な基準でサイトを選んだら良いかわかりませんね!

一括見積サイト選びの基準を以下に記載しました。

①サイトに参加している保険会社の数

参加している保険会社の数が多ければ、「保険料」「補償内容」「特約」など比較検討できる見積数も多いことになりますので、御自身のニーズに合った自動車保険を探すきっかけとなります。

②信頼できる企業がサイトを運営している

自動車保険一括見積サイトを利用することは、御自身の個人情報が多くの保険会社に開示されることでもあるため、親会社が上場企業であったり、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」などを取得している信頼度の高い企業が運営していることがポイントです。

③サイトの運営期間が長い

運営期間が長いサイトの場合、以下の様に評価されます。

  • 安定した比較検討サービスを提供している
  • 個人情報が適切に管理されている
  • 一定数以上の利用者がいるため、サイトを継続運営することができている

④自動車保険の関連情報が充実している

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 人身傷害保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 車両保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険 
  • 特約情報

などの「補償内容」「保険料」等、保険選びの参考となる情報が十分提供されているか?

実際の事例・判例なども掲載してわかり易いサイトになっているか?

 

大手自動車保険
一括見積もりサイトの検証

以下の大手自動車保険一括見積もりサイトに関して検証しました。

サイト名称 サイト略称
①損害保険見直し本舗 ①見直し本舗
②保険の窓口 インズウエブ ②インズウエブ
③保険スクエアbang! ③保険スクエア
④価格.com 自動車保険 ④価格.com
⑤Rakuten 保険一括見積もり ⑤楽天保険
⑥NTTイフの自動車保険 ⑥NTTイフ

 


サイトに参加している保険会社の数


サイト略称
参加保険会社
の数(社)
①見直し本舗 08
②インズウエブ 21
③保険スクエア 16
④価格.com 14
⑤Rakuten 保険 06
⑥NTTイフ 10

 

参加している保険会社の数としては、以下の一括見積サイトが上位3社となります。

① インズウエブ 21社
② 保険スクエア 16社
③ 価格.com……..14社

 

上記の内「保険スクエアbang!」「価格.com 自動車保険」は、他の一括見積もりサイトに参加していない「こくみん共済( 全労災 )」が参加していることが特色です。

一般的に、初めて自動車保険に加入される方は6等級から始まりまり、無事故で保険を利用しない場合、毎年1つ等級が上がります( 保険料の割引率がUP )。

14年間無事故を続けますと、最高位の20等級となり保険料の割引率も最大になり、割引率も頭打ちになりますが「こくみん共済( 全労災 )」だけは、最大等級数が22等級まで設定され、掛金も最大64%割引となります。

無事故を更新するドライバーにとって「こくみん共済( 全労災 )」の自動車保険一括見積もりは、ぜひ試してみたいですね!

 

こくみん共済 22等級

サイト別の参加保険会社一覧です。


保険会社(名称)

見直し
本舗

インズ
ウエブ
ZURICH
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
SBI損保
おとなの自動車保険
Rakuten 楽天損保
イーデザイン損保
ソニー損保
Chubb損害保険
あいおいニッセイ同和
共栄火災海上
損害保険ジャパン
東京海上日動火災
日新火災海上
三井住友海上
AIG損害保険
セコム損害保険
リロケーション・ジャパン
リビン・テクノロジーズ
日本自動車連盟
トラスティーパートナーズ
じげん
こくみん共済

保険会社(名称)

保 険
スクエア

価  格
com
ZURICH
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
SBI損保
おとなの自動車保険
Rakuten 楽天損保
イーデザイン損保
ソニー損保
Chubb損害保険
あいおいニッセイ同和
共栄火災海上
損害保険ジャパン
東京海上日動火災
日新火災海上
三井住友海上
AIG損害保険
セコム損害保険
リロケーション・ジャパン
リビン・テクノロジーズ
日本自動車連盟
トラスティーパートナーズ
じげん
こくみん共済

保険会社(名称)

楽 天
保 険

NTT
イ フ
ZURICH
三井ダイレクト損保
アクサダイレクト
SBI損保
おとなの自動車保険
Rakuten 楽天損保
イーデザイン損保
ソニー損保
Chubb損害保険
あいおいニッセイ同和
共栄火災海上
損害保険ジャパン
東京海上日動火災
日新火災海上
三井住友海上
AIG損害保険
セコム損害保険
リロケーション・ジャパン
リビン・テクノロジーズ
日本自動車連盟
トラスティーパートナーズ
じげん
こくみん共済

 

 


信頼できる企業が
サイトを運営しているか?


サイト略称
1)運営会社
2)親 会 社 
①見直し本舗 1)㈱保険見直し本舗
2)㈱NFCホールディングス
2):東証 JASDAQ
②インズウエブ 1)IBSホールディングス㈱
1):東証1部
③保険スクエア 1)㈱ウェブクルー
2)㈱FW
:.:ウェブクルー経営陣が
:.:MBOした会社
④価格.com  1)㈱カカクコム
.::東証1部
.2..)KDDI
.2..)㈱デジタルガレージ
..2.)の持分法適用会社
⑤楽天保険 1)楽天インシュアランス
1)プランニング㈱
1):楽天100%孫会社
2)楽天インシュアランス
2)ホールディングス
2):楽天100%子会社
⑥NTTイフ
1)㈱エヌ・ティ・ティ・イフ
2)NTTレゾナント㈱
2):NTT
……..コミュニケーションズ
……..66.6%
2):NTTドコモ33.3%

サイト略称
ISO等の
取得状況
①見直し本舗 ISO27001
②インズウエブ プライバシーマーク
③保険スクエア ISO27001
④価格.com  プライバシーマーク
⑤楽天保険 個人情報保護方針

楽天保険グループ会社
との共同利用
⑥NTTイフ プライバシーマーク

ISO27001は、ISMSに関する国際規格。

 

ISOとは?
スイスのジュネーブに本部を置く非政府機関 International Organization for Standardization(国際標準化機構)の略称です。 ISOの主な活動は国際的に通用する規格を制定することであり、ISOが制定した規格をISO規格といいます。

出典:一般財団法人 日本品質保証

 

ISMSとは?
Information Security Management System」の略で、日本語では「情報セキュリティマネジメントシステム」と訳され、情報の安全な管理を実施する国際規格となります。

 

プライバシーマーク制度とは?
日本産業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

出典:一般財団法人 日本情報経済社会推進委員会


サイトの運営開始(年度)


サイト略称
運営開始
(年度)
①見直し本舗 2001年 会社設立
②インズウエブ 2000年 運営開始
③保険スクエア
1998年 運営開始
④価格.com
1997年 会社設立
⑤楽天保険 1995年 会社設立
⑥NTTイフ
2000年 会社設立

 


自動車保険の関連情報が充実している

以下は管理人の私的な感想となります。

自動車保険に関するコンテンツ
の記載が見当たらないサイト

見積比較を行うための要件は記載されていますが、自動車保険に関するコンテンツの記載がないサイト

 

[損害保険見直し本舗]

損害保険見直し本舗

一括見積に必要なコンテンツが
整理されていないサイト

NTTイフの自動車保険一括比較サイト

 

自動車保険に関するコンテンツ
が豊富なサイト

  • 自動車保険料の相場は?

  • 一括見積もりでいくら安くなる?

  • 自動車保険見直しのタイミングは?

  • 自動車保険(補償内容等)の基礎知識 
  • 自動車保険を安くするには

    などなど、自動車保険に関する情報が豊富なサイト

 

[保険の窓口 インズウエブ]

インズウェブサイト見本

[保険スクエアbang!]

保険スクエアbang! サイト事例

[価格.com 自動車保険]

価格com 自動車保険一括比較サイト

[Rakuten 保険一括見積もり]

rakuten 自動車保険一括見積

 

自動車保険一括見積もり
サイト選び方のまとめ


サイトに参加している保険会社の数

見積を比較する保険会社数が多いサイトは、以下となります。

  • 保険の窓口 インズウエブ:21社
  • 保険スクエアbang!:16社
  • 価格.com 自動車保険:14社

 


信頼できる企業がサイトを運営している

見積もり条件の入力に必要な入力内容はおおむね以下の通り。

「一括見積もりサイト運営会社」および「サイトに参加している保険会社」宛てに、以下の様な情報が提供されますので、あなたの個人情報保護は非常に大切な問題となります。

このため、前述しました「ISO27001」または「プライバシーマーク制度」を取得している「一括見積もりサイト運営会社」を選択するのが良いですね。

以下のサイトがpic upされます。

  • 保険の窓口 インズウエブ
  • 保険スクエアbang!
  • 価格.com 自動車保険
  • 損害保険見直し本舗
  • NTTイフの自動車保険

 

一般的な見積もり条件の入力に必要な入力内容

  • 現在加入している自動車保険契約状況
    :満期日
    :保険会社名
    :等級  など
  • 車の情報
    :メーカー
    :車名
    :型式
    :自動ブレーキの有無
    :ナンバー
    :初年度登録日 など
  • 補償内容
  • 車の使用目的
  • 年間走行距離
  • 主な運転者の情報
    :生年月日
    :性別
    :免許証の色
    :免許取得日 など
  • 運転する同居の子どもの有無
  • 被保険者の対象となる運転者情報
  • 契約者
    :氏名
    :住所
    :電話番号
    :メールアドレス

 


サイトの運営期間が長い

  • 保険スクエアbang!
    :1998年運営開始
  • 保険の窓口 インズウエブ
    :2000年運営開始

上記以外の会社については、自動車保険一括見積サイトの運営時期は分かりませんでした。


自動車保険の関連情報が充実している

以下のサイトがpic upされます。

  • 保険の窓口 インズウエブ
  • 保険スクエアbang!
  • 価格.com 自動車保険
  • Rakuten 保険一括見積もり


まとめ

上記の①~④を考察した結果、以下の自動車保険一括見積サイトでしたら安心できますね!

  • 保険の窓口 インズウエブ
  • 保険スクエアbang!
  • 価格.com 自動車保険

 

また、自動車保険の「等級」が20等級の方は、「こくみん共済( 全労災 )」が参加している自動車保険一括見積もりサイトをおすすめします。

  • 保険スクエアbang!
  • 価格.com 自動車保険

最後に、損害保険会社からのDM(郵便・Eメール)は、保険の満期日間での間に多数届きますから、普段は利用していないフリーメールアドレスで登録することをお勧めします。

 

以 上

  • 「自動車保険 一括見積もりサイトの選び方!」でした。

 

関連記事

自動車保険 一括見積もり「保険スクエアbang」を勧める6つの理由


自動車保険の一括見積もりbang!

 

ガソリン代・駐車場代・自動車保険料・車検代・メンテナンス費・自動車税等々、車の維持費は馬鹿になりませんね!

どちらも節約するのが難しい必要経費となりますが、加入されている「自動車保険」を見直すとことで、保険料が思われている以上にお安くなる可能性があります。

自動車保険会社は2種類のタイプに分かれています。
・店舗を有する「代理店型」
・店舗を有しない「ダイレクト型(通販型)」

「代理店型」は、店舗賃料・店舗人件費・販売経費などの経費を保険料に上乗せするため、同一の保険内容であれば「代理店型」は「ダイレクト型(通販型)」よりも保険料が高く設定されます。

加入されている保険会社が「代理店型」の場合、「ダイレクト型(通販型)」に変更されると、年間保険料が20,000円以上お安くなる可能性があります。

また、「ダイレクト型(通販型)」の自動車保険に加入されていたとしても、年齢・性別・家族構成・等級・免許証の色・用途・年間走行距離などの加入条件によって、各保険会社が「事故リスク基準」を設けて設定する保険料率が異なるため、年間保険料に差が生じます。

例えば、

  • ソニー損保の自動車保険の保険料は「走った分だけ」
    年間走行距離の短いドライバーの事故リスク < 長距離走行ドライバーと設定して、短距離ドライバーの保険料率を安く設定しています
  • 大人の保険(セゾン自動車保険)は、事故率が低い40・50代の保険料を割安に!
    事故を起こしにくい40~50代の保険料を安く設定しています


保険料を算定するための「項目」は多数ありますから、各「通販型自動車保険会社」でも、補償内容が同一であったとしても各社の年間保険料には差異が生じます。

保険料や補償内容等を見直す場合、「自動車保険の一括見積もりサイト」を御利用されて、現在加入されている自動車保険の保険料を他社と比較しながら絞り込むことが一般的な方法です。

でも、どちらの「自動車保険の一括見積もりサイト」を利用するのが一番良いかわかりませんよね!

 

について御案内していますので、興味がある方はチェックして下さいね!

コメントを残す

CAPTCHA